掲載誌の記憶
    
HIGUMA HARUO(映像・美術)
「映像空間の経験」を企画しました。コンセプトは「記憶・時間・空間」です。キワードとなるのは、写真と身体です。身体は、ダンサーや舞踏家の身体に限定していません。むしろ異なる表現者の身体に焦点をあてています。2009年大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ2009で「ふれあい写真感-おもいは通じる-」というインスタレーシを創りました。この作品は来客を撮影した写真オブジェが増殖していくといものです。ヒグマ春夫の映像パラダイムシフトは、映像とはいったい何だろう、映像が関わるとどんなことが可能になるのだろうか、 といったようなことを追究しています。1年に一度、ACKidの企画があります。他に水をテーマとした作品を川崎市岡本太郎美術館府中市美術館川崎市市民ミュージアム国立新美術館テヘラン現代美術館等で発表しています。CONTACT
☆☆

1977-1ルナミ画廊  1977-2 なんで煙草か  1978-1意識・存在展  1979-1たばこについての断章 1980-1ビデオ・パフォーマンスとは 

 1981-1 パフォーマンス見た 1983-1 Studio 200  1983-2 白いオブジェの為に  1984-1 パフォーマンスの現在  1984-2 極私的ビデオ  

1984-3 観念の錬金術師たち  1985-1 空間と映像  1985-2 言葉の私・映像の私  1985-3 サウンドファクトリー  1985-4 重層的で得意な世界  

1985-5 パフォーマンスの世界 1985-6 Jan No.5  1986-1 ゆらぎ  1986-2 メディアアート  1986-3 アートスクランブル  1987-1 今日の美術の役割

 1987-2 幻の庭園パフォーマンス  1988-1 パリの観客もびっくり  1988-2 パリの日本人パフォーマンス  1988-3 身体とテクノロジー  

1993-1 パフォーマンスの現在・映像  1996-1 ミメーシスする身体  1996-2批評  1997-1 表裏一体の生と死の関係  1997-2 舞踏とビデオ映像  

1999-1舞台あれこれ  1999-2 ニューヨーク  2001-1 水と四つの月