1980

Higuma Haruo/ヒグマ春夫(映像作家・美術家・パフォーマンスアーティスト) 

1980年
「日本文化デザイン会議」作品:「EYESIGHT」、会場:横浜市(神奈川県-横浜)

1980年
「作品展」作品:「Situation'80-No.2」会場:みつめ画廊(東京-青山)

1980年
「花鳥風月展」乙雅一、須賀啓、谷川晃一、坪内一忠、浜田剛爾、掘慎吾、宮迫千鶴、ヒグマ春夫「作品:白いオブジェの為に」。
会場:新宿・野村ホール(東京-新宿)
 
1980年
「意識・存在展」作品:「正三角形の構成」、会場:神奈川県民ギャラリー(神奈川県-横浜)

1980年
「作品展」会場:ギャラリー−U(名古屋)

1980年
「INTERNATIONAL MAIL ART SHOW 」会場:ルナミ画廊(東京-銀座)

1980年
「80 PERFORMANCE」会場:久留米市民会館小ホール(久留米市)

1980年
「PERFORMANCE
and EXHIBITION」--9月の熱い手--会期:8月28日〜9月4日
   30日と31日の2日間は、パフォーマンスが行われる。
   会場:神奈川県民ホール・ギャラリー 第5室 (神奈川県-横浜)
   パフォーマンス参加者:粟津潔、安斉重男、池田龍雄、飯村隆彦、板橋克郎、かわなかのぶひろ、加藤義郎、ガリバー、幸村真佐男、ステラーク、
              谷川晃一、成瀬弘、浜田剛爾、ヒグマ春夫、ヨシダヨシエ、吉村弘、吉沢元治、山本峯生

1980年
「遊覧展」作品:「白いオブジェの為に」会場:(株)ユアビルのボーリング場(東京-荻窪)

1980年
「LECTURE &
PERFORMANCE 」
   参加者:飯村隆彦、浜田剛爾、ヒグマ春夫、江口正彦、水上旬、金田正司 会場:ギャラリーL(豊橋市)

1980年
「パフォーマンス'80 」作品:「交差する映像」会場:ルナミ画廊(東京-銀座)

1980年
「スコ
ア展」会場:児島画廊、企画:浜田剛爾(東京-青山)