1985

Higuma Haruo/ヒグマ春夫(映像作家・美術家・パフォーマンスアーティスト) 

1985年
「第2回桧枝岐パフォーマンス・フェスティバル」参加(福島県・桧枝岐)

1985年
「第1回東京アート・セレブレーション」会場:東京科学技術館。作品「浮遊する未来都市のために−ビデオのロシア・アヴァンギャルド」
構成:鴻英良+ヒグマ春夫。作品「浮遊する細胞体−ビデオの未来都市のために」構成:及川廣信+ヒクマ春夫(東京-竹橋)

1985年
「二人の男』出演:丸山亮+ヒグマ春夫、会場:江東区文化センター・視聴覚室(東京)

1985年
「ビデオ・パフォーマンス」企画:ヒグマ春夫、会場:サウンド・ファクトリー。
参加者:守屋行淋、斎藤義重、畦地拓治、近藤幸夫、翁譲、難波京子、粉川哲夫、池田一、鴻英良、浜田剛爾、小林進、及川廣信、湯本香樹実、
勅使川原三郎、大島洋、中川正昭、鈴木志朗康、山崎博、小川立、森田和夫、楠野祐治、ヒグマ春夫(東京-駒込)

1985年
「第2回 VIDEO FORUM」企画:丸山亮+ヒグマ春夫、会場:日仏学院ホール。
参加者:丸山亮、木佐貫邦子、守屋行淋、鈴木明、ヒグマ春夫(東京-市ヶ谷)

1985年
「・・・はれ展」会場:千葉県立美術館(千葉市)

1985年
「映像のマニピュレーション」企画:小林進、会場:横浜教育文かセンター5F会議室(神奈川県-横浜)

1985年
「パフォーマンス講座」会場:東京経済大学、企画:田中昌子(東京-国分寺)

1985年
「PERFORMANCE 」守屋行彬氏と共演、会場:ストライプ・ハウス美術館(東京-六本木)

1985年
「アスファルト・バビロン/ハイブリットなビデオ空間に向けて」会場:江東区文化センー、構成:鴻英良+ヒグマ春夫(東京)

1985年
「水の響」<極私的ビデオの世界>会場:ギャラリー宙(東京-銀座)

1985年
「庭式ビデオ-2 ガーデン(京都)

1985年
「ビデオ・アンデパンダン展」大坂府立現代美術センター(大坂)

1985年
「SORA THE VIEWS'85 」会場:ギャラリー宙(東京-銀座)

1985年
「アーティストブック展」会場:フランクリン・ファーネスギャラリー(USA-ニューヨーク)

1985年
「アーティストブック展」会場:フジテレビギャラリー、企画:東野芳明(東京)