ヒグマ春夫の映像パラダイムシフトVol.66

Visual Paradigm shif Vol.66 of Haruo Higum

虚構が実体に変容する

2015年5月25日(月曜日)
会場:キッド・アイラック・アート・ホール
ゲスト:小松睦(ダンス)、工藤響子(ダンス)

映像パラダイムシフトVol.66より

報告:宮田徹也(日本近代美術思想史研究)

舞台は、手前2m位までが半透明の養生シートによるオブジェによってすっぽりと覆われている。オブジェは正に皮膜であり、客席から見える手前と見えない奥の空間を隔てている。白い衣装を身に纏った小松睦と工藤響子がオブジェの後ろに回りこんで向き合って座り、ヒグマ春夫が客席前方右の席に着くと暗転し、公演が始まる。 オブジェの真中と右上に、プロジェクターの光が零れる。森の中を歩んでいくような音が流れる。真中の映像は、赤外線カメラによる場内のライブ映像である。ヒグマは赤外線カメラを持ってオブジェの後ろへ回り込んでいく。二つの映像は不鮮明である。オブジェを写してオブジェに投影するので、視覚の不確かさが浮彫となる。 真中に誰かの指が映る。ヒグマか、小松か、工藤かであることは間違いない。右上のライブは床に置かれたカメラからの視線である。後方のライトが点灯し、三者の影がオブジェに薄らと映り込む。シルエットからして、工藤らしき人体が懐中電灯を手に持って振っていることが窺える。後方のライトは強くなっても直ぐ消えてしまう。 真中の映像は床を映し、右上の映像は天井を捕えている。恐らく小松がオブジェの内部から外へ向かって体を押し付けている。ヒグマは定位置に戻り、真中の映像を、公園を歩くモノクロの録画に切り替える。右上のライブはそのままである。吸い込まれるような電子音が響き渡る。小松と工藤は床に身を置いている様子である。 床に身を置く二人の振幅が増し、やがて沈黙する。真中の映像が、森で踊る小松のカラー動画となる。実体の小松もオブジェの内部で踊り始める。工藤らしきがオブジェの後方で赤外線カメラを操作し、その映像が右上に投影される。映像と実体は、時にはリンクし、同じ振付、若しくはポージングが重なっては離れていく。 実体の小松が手を伸ばし、オブジェに映る自らの映像に触れる。緑のライトが会場全体を照らしては、消える。小松は蹲り動かない。しかし赤外線カメラは小松の微細な動作を捕らえ、オブジェに投影する。立ち上がった小松はオブジェを波立たせる。映像の小松は木に登り、項垂れる。 持続する電子音が流れると真中の映像はキッドのホールでカラー録画された工藤のダンスに変化する。実体の工藤はオブジェの下を潜り抜けて前に出てきては戻っていく。後方から点滅するライトが、そのような工藤の存在を無化する。柔らかい小松のダンスと対照的に工藤は固く、強く踊る。遂、先ほど録画されたような新鮮さが残る。 実体の工藤は映像と同じように、膝を伸ばした四足で前に出てくる。右手にライトを持ち、前から後方へ目掛けてオブジェを押す。小松の足が見えると、工藤はするりとオブジェの後方へ消える。オブジェの裏で歩む工藤の表情を小松が赤外線カメラで撮影し、オブジェの右上に投影する。 映像の工藤は激しく跳躍し、実体の工藤はオブジェを内側から外側へ押し、倒れる。打ち付けるような電子音が響き渡る。立ち上がった工藤はジャンプを繰り返し、オブジェの上部を掴もうとする。諦めた工藤はオブジェの下に潜る。映像の工藤は、四足で背中に椅子を乗せて移動している。 右上のライブは、オブジェ奥での出来事を見詰めている。小松と工藤はオブジェの後方からオブジェを二人の膝付近まで引き上げ、手を離す。映像が潰え、点滅する照明が潰えると闇の世界が広がり、一時間の公演は終了する。 アフタートークでヒグマは、本公演は今回のオブジェを用いた作品をこれからも発表し続けるその第一弾の公演であることを宣言する。二人の映像は各16分であり、二人は予め映像とオブジェを見ることなく今回の公演に臨んだことが明かされる。 トーク終了後、明るい照明の中でオブジェに回り込んでみると、オブジェは幅1m程の閉じられた空間であり、送風機によって波立つことが理解できた。ヒグマ、小松、工藤はオブジェの中と表、裏を巧みに使って複雑な公演をしたことになる。 小松か工藤かといった固有性ではなく、実体と映像の匿名性を狙った公演ではないかと見ている最中に思ったが、終わってみればそういう訳でもあるまい。

映像パラダイムシフトVol.66より

ヒグマはパンフレットで「所謂「内と外」「表と裏」などの違いを同時に表そうとすることで、その中間領域を表出しようとした試みである」と書いている。絵画のシュポール/シュルファスを思い出す。 支持体と表面の中間にあるものは何か。そこに実体を投じることが不可能だから映像だと論じるのは、余りにも安易である。映像もまた、虚構ではなく実体であることを前提にすれば、虚構であるイメージとは出演者も含めた見る者が勝手に生み出す現象であることが納得される。 ヒグマはオブジェをプログラムで「器」と呼んでいる。空っぽの器を満たすのはそういった見る者の視線ではないだろうか。我々が器の中に様々な虚構を投じていくことによって、虚構が実体に変容するのではないだろうか。

照明:早川誠司
撮影:坂田洋一