DOMANI・明日展 2008/HIGUMA HARUO

DOMANI・明日展 2008/展覧会概要
文化庁では、将来の我が国の芸術界を支える芸術家を育てるため、若手芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を提供する、「芸術家在外研修(新進芸術家海外留学制度)」を昭和42年度から実施しています。
同制度の成果を発表する場として開催してまいりました「DOMANI・明日展」ですが、本年度より国立新美術館に会場を移して開催いたします。今回は近年に派遣された研修生を中心に、15名の作家とその作品を紹介いたします。

会期:2008年12月13日(土)~ 2009年1月26日(月)
毎週火曜日休館 ※ただし12月23日(火)は開館し、翌日24日(水)~1月6日(火)休館
開館時間:10:00から18:00まで ※金曜日は20:00まで。入館は閉館の30分前まで。

会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京・六本木)
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
主催:文化庁
共催:国立新美術館、読売新聞社



アート・パフォーマンス・ヒグマ春夫
2008年12月21日(日)15:30~
2009年1月11日(日)15:30〜
performance by HIGUMA Haruo/photo by KAWAKAMI Naoyuki

Placeholder image


Higuma Haruo(Artist)
'90年度文化庁派遣芸術家在外研修員。その成果発表が'09年国立新美術館で「DOMANI・明日」展として開催され映像インスタレーションと映像パフォーマンスを行う。 '02年映像を組込んだインスタレーション「DIFFERNCE」で、第5回岡本太郎記念芸術大賞展で優秀賞を受賞。'04年「水の記憶・ヒグマ春夫の映像試論」で川崎市岡本太郎美術館で個展。その後イスタンブールのAKBANKでグループ展。テヘラン現代美術館で「The Shining Sun」展。'05年府中市美術館でライブ・インスタレーション「深層風景」。'06年横浜赤レンガ倉庫1号館で「日本ーイラン現代美術展」「落花水・思索」。 '06年、'09年大地の芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ」 '06年からACKidを企画継続中。'08年から「ヒグマ春夫の映像パラダイムシフト」継続中。


contact profile